デジタル家電

第9世代CPUを搭載したデスクトップも ゲーミングPC2機種を発表 デル

20181023日】

写真 1
「ALIENWARE m15」

写真 2
「ALIENWARE Aurora」

 デルは10月23日に都内で記者会見を開催し、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」の新製品として、15インチのゲーミングノートPC「ALIENWARE m15」を10月30日より発売し、第9世代のインテルCPUを搭載するリニューアルしたゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE Aurora」を11月20日より発売すると発表した。
 「ALIENWARE Aurora」は、第9世代のインテルCPUを搭載しており、同CPUのTurbo Boost Technology2・0により高いパフォーマンスを発揮できるほか、GPUはNVIDIAの最新モデル「GeForece RTX20シリーズ」を搭載可能で、HTCのVIVEやOculusといったVRコンテンツも快適に行える。価格は未定。
 「ALIENWARE m15」は厚さが最大21㍉㍍と、同ブランドで展開している13インチのゲーミングノートPC「ALIENWARE 13」よりも薄型化を果たし、筐体の素材にはマグネシウム合金を採用したことで、重量は約2・16㌔㌘と軽量化も実現。CPUにはインテル第8世代の製品を搭載し、CPU性能を向上させるCPUダイナミックオーバークロックにも対応。GPUはNVIDIA GeForce GTX1070Max―Qも選択可能で、外付けのGPUボックスの「ALIENWARE Graphics Amplifier」もサポートしている。ハイパフォーマンスを支える機能としてCryo―Tech V2・0サーマルテクノロジーを採用した冷却システムを搭載するほか、ストレージは、PCIe M・2 SSDや、大容量のSSHDなどを選べる。
 また、筐体の機能やライティングなどを管理するALIEN Command Centerもアップグレードされ、オプションの90Whrバッテリーを使うことで、細大17時間の利用も可能となる。ラインアップはフルカスタマイズモデルなど構成別で4モデルが発売され、標準価格は18万4980円から(税別・配送料込み)。カラーはエピックシルバーとネビュラレッドの2カラーで、シルバーは4K60HzおよびFHD144Hzのディスプレイから選ぶことができ、レッドはFHD144Hzのディスプレイのみ選択可能。
 発表した2製品のプレゼンを行ったALIENWAREグローバルプロダクトマネージャーのエディー・ゴヤネス氏は新型の「ALIENWARE Aurora」について「最新のGPUと第9世代のCPUを搭載しており、この2つの組み合わせでラインアップしているところはなかなかありません。現行のゲーミングデスクトップPCではAuroraが買うべき一番の選択肢です。ゲーマーの可能性を引き上げる製品です」と話し、「ALIENWARE m15」については「ポータビリティとパフォーマンスを求めるユーザーにおすすめの製品です」と説明した。

デジタル家電一覧へ  トップページへ