デジタル家電

東芝と共同開発した「レグザエンジンNEO」搭載 生まれかわった4Kスマートテレビ2機種発売 ハイセンスジャパン

20181113日】

写真 1
「A6800」シリーズ(上が43V型、下が50V型)

写真 2
ULEDテレビ(左)とOLEDテレビ(右)の試作機も展示した

 ハイセンスジャパン(川崎市幸区、李文麗社長)は11月13日に本社で記者会見を開き、12月1日より放送開始する「新4K8K衛星放送」の4K放送対応チューナーや、東芝映像ソリューションと共同開発した新型映像エンジン「レグザエンジンNEO」を内蔵した4K液晶テレビ「A6800」シリーズを12月初旬より発売すると発表した。
 同機には立体感や自然で鮮やかな色彩、ハイコントラストなどを実現する、東芝映像ソリューションのTVブランド「REGZA」搭載の画像処理エンジンを基に、同モデルのために共同開発した画像処理エンジン「レグザエンジンNEO」を搭載。HDR10およびHLGに対応しているため、明暗部の輝度情報が拡大し圧倒的なリアリティを実現するほか、デジタルシネマ規格DCI―P3のカバー率は90%。さらに画像のフレーム数を補完するSMR技術により、スポーツなどの早い動きに対応し、連続感のある滑らかな映像を実現する。
 4K放送対応のチューナーを内蔵し、地上デジタル放送やBS・110度CSなどの2K放送受信チューナーは3基搭載するため、録画中に裏番組視聴も行える。
 ほかにも、音響は最大7・1chの高品位サラウンドサウンド「Dolby Audio」を採用し、画面から出ているような迫力あるサウンドを再現する「ハイサウンドプロイコライザー」による高音質や、人の声を優先して聞き取りやすく再構築することでBGMや効果音中の声を聞き取りやすくする「Clear Sound」機能を搭載。さらに、最小遅延が0・83msとなり、速い応答速度が必要となるゲームも快適にプレイ可能なゲームモードも新たに搭載した。
 スマートTVサービスとしてVidaaを採用したことから、NetflixやYouTubeといった11のVODサービスに対応し、今後はDAZNにも対応予定。また、Google home link機能により、音でのチャンネル操作や音の調整なども可能となる。
 記者会見に登壇した同社執行役員副社長の磯辺浩孝氏は、レグザエンジンNEOについて「東芝映像ソリューションがハイセンスグループの傘下となったことから実現しました。このレグザエンジンNEOを搭載できることにより、従来の普及価格帯の商品からミドルエンド・ハイエンドの商品にも注力してまいります」と説明し、同機については「色々な所得層のお客様がいる中で、1円でも安く新4K8K衛星放送を見たいというお客様もいますし、テレビの買い替えサイクルが訪れる中で、今後は各メーカーがチューナー内蔵型テレビを出すことが考えられます。ハイエンドの製品と遜色の無い仕上がりなので、買い換える際の一つの選択肢として当社の製品を知って井貰いたいですね」と話した。
 発表会にはULED・OLED向けに改良したレグザエンジンNEOを搭載するULEDおよびOLED4Kテレビも展示した。発売時期はULEDが2月初旬、OLEDが3月初旬を予定。
 価格はオープン価格だが、市場想定価格は50V型が10万円前後(税別)、43V型が9万円前後(税別)。

デジタル家電一覧へ  トップページへ