おすすめ番組

平昌オリンピック2018 「J:COMテレビ」で放送

2018117日】

 株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村公彦)は、2018年2月9日(金)に開幕する「平昌オリンピック2018」(「第23回オリンピック冬季競技大会」)で実施される競技の一部を、自社で運営するコミュニティチャンネル「J:COMテレビ」(「J:テレ」)で放送することが決定した。
 このたび放送が決定したのは、「アイスホッケー」「カーリング」「バイアスロン」「ボブスレー」「スケルトン」「リュージュ」で、大会期間中、競技の様子はもちろん、見どころや競技/種目のルール解説などを分かりやすく、生中継と録画放送でたっぷり届ける。J:COMにとって初めてのオリンピック放送となった「リオデジャネイロオリンピック2016」(「第31回オリンピック競技大会」)に引き続き、番組MCに浅田舞さん、コメンテーターにオリンピックメダリストの森末慎二さんが決定。アスリートの視点で熱戦の模様を伝える。番組テーマ曲も前回(「リオデジャネイロオリンピック2016」)に続いて、J:COMグループの株式会社エニーに所属する2ヴァイオリンとピアノの実力派インストゥルメンタル・ユニット「TSUKEMEN」が担当。オープニングテーマ曲に『WINNING RUN』、エンディングテーマ曲には『虹を見上げて』が決定した。いずれも2018年に結成10周年を迎える彼らが今回の放送にあわせて制作したオリジナル楽曲で、インストユニットならではの本格的な演奏にドラム・ベース・パーカッションなどの楽器も加わり、オリンピックの放送にふさわしい多彩で壮大なサウンドが番組を盛り上げる。
「J:テレ」は、J:COMの有料サービスへの加入・未加入を問わず、J:COMネットワークに接続済みの世帯であれば無料で視聴できるコミュニティチャンネルで、J:COMサービスエリア内の約1389万世帯(2017年11月末時点)で視聴できる。

おすすめ番組一覧へ  トップページへ