おすすめ番組

フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ『記憶』トークショー

2018219日】

写真 1
泉澤祐希(左)と今田美桜

 フジテレビが運営する有料チャンネル、フジテレビONE/TWO/NEXTと、ケーブルテレビ事業者のJ:COMはこのほど、『フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ「記憶」』のトークイベントを都内で開催した。会場には、ドラマに出演する俳優の泉澤祐希と、女優の今田美桜が登場し、作品への思いなどを語った。
 同作は、韓国で2016年に放送され、大きな反響を呼んだ「記憶~愛する人へ~」を、フジテレビとJ:COMが日本版としてリメイクするもの。若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士の苦悩と闘い、家族愛を描くヒューマンドラマ。主人公の弁護士・本庄英久役を演じるのは俳優・中井貴一。泉澤は本庄の元で働く若手弁護士・二宮正樹役を、今田は事務員の足立初花役を演じる。
 中井との共演について泉澤は「最初、台本をいただいて読んだ時は、中井さんとこんなにご一緒できるんだ!と感激しました」と話しつつ、「でも実際の撮影では、ものすごく緊張しています。中井さんに圧倒されて自分のセリフが飛ぶ時もあります」と現場での様子を明かした。
 一方の今田は、「私は台本をいただいて読んだ時、ボロボロと泣いてしまいました」と物語の感想を述べ、「中井さんのすぐ近くでお芝居ができることにすごく感謝しています」と話した。
 会見の最後に泉澤は「人の愛や葛藤がとてもよく描かれている作品だと思います。皆さんの記憶に残るドラマになるよう、頑張っています」と意気込みを語った。
 『フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ「記憶」』(全12話・各50分)第1話の放送は、フジテレビNEXTライブ・プレミアムとJ:COMプレミアチャンネルで3月21日(水・祝)午後10時から。

おすすめ番組一覧へ  トップページへ