おすすめ番組

TBSラジオ 番組合同の記者会見を開催

2018411日】

写真 1
(前列左から)赤江珠緒、ライムスター宇多丸(後列左から)外山恵里アナウンサー、玉袋筋太郎、熊崎風斗アナウンサー

 TBSラジオはこのほど、今春の改編期における目玉番組『アフター6ジャンクション』『たまむすび』をPRする番組合同記者会見を東京・赤坂のTBS放送センターで開いた。会見には、今月2日にスタートした『アフター6ジャンクション』(月~金曜午後6時~9時)のパーソナリティを務めるラッパーのライムスター宇多丸と月曜パートナーの熊崎風斗アナウンサー、午後のワイド番組『たまむすび』(月~金曜午後1時~3時30分)のパーソナリティを務める赤江珠緒、玉袋筋太郎、外山恵里アナウンサーが出席した。
 同局では今年度、約65年続いたプロ野球ナイター中継から撤退し、『アフター6ジャンクション』を立ち上げた。番組では、様々なカルチャーに造詣の深い宇多丸が独自の視点で映画・音楽・アイドル・本などの最新情報を紹介する。会見で宇多丸は「思っていた以上に3時間の密度が濃く、ひたすら楽しいです。いろいろな人の居場所ができていく番組でありたいと思っています」と意気込みを述べ、「冷静に考えると『プロ野球対宇多丸』というとんでもない状況になっていた。しかし、全て横並びの状態はおかしいと思うし、選択肢は多い方がいいのではないでしょうか。ラジオ番組が定着するためには時間がかかるので、2年間は気長に見ていただきたい」と腰を据えて取り組む気概をみせた。
 一方、一年間の産休から無事『たまむすび』に復帰した赤江は「産休中はリスナーとして番組を聴いていて、癒されました。改めてラインアップが揃ったすごい番組だなと感じましたし、私もここに戻りたい強くと思いました。TBSは無敵です!」と番組への思いを熱く宣言した。
 玉袋と外山は4月から『金曜たまむすび』を担当している。玉袋が「外山さんとは、これから関係を積み上げていきたいです」と言うと外山が「そうですね、あるといいですけどね(笑)」と切り返す。すると玉袋が「これですよ、この感じがまた素敵で!」と会場を沸かせ、早くも息の合ったやりとりを見せていた。

おすすめ番組一覧へ  トップページへ