おすすめ番組

東海テレビ制作 オトナの土ドラ「それぞれの断崖」

201985日】

写真 1
(左から)堂珍嘉邦、川畑要、遠藤憲一、田中美里、田中美佐子

 東海テレビはこのほど、3日(土)にフジテレビ系で放送がスタートするオトナの土ドラ最新作「それぞれの断崖」の制作会見を都内で行った。会見には主演の遠藤憲一とともに、共演者の田中美里、田中美佐子が登壇し、自身が演じる役どころについてコメントした。
 本作は、少年事件をきっかけに崩壊する家族とその再生、そして憎しみと怒りを抱えながらも加害者の母に惹かれてしまう被害者の父、2人の禁断の愛を描く人間ドラマ。
 中学生の息子を殺害され“被害者の父”となる主人公・志方恭一郎役を演じる遠藤憲一は「コンプライアンス厳しいこの時代に真逆のヤバい作品が出来上がりました。そのうえ、まさか58歳になって恋愛を本気でやる役が来るなんて思ってもみなかったんで、すごく照れ臭いのと、ちゃんとやんなきゃという気持ちがごちゃ混ぜの中でやっています」とコメント。
 遠藤演じる被害者の父と禁断の愛に堕ちる“加害者の母”八巻はつみ役を演じる田中美里は「台本をめくるたび、これでもかと展開がすごいです。ドラマチックですが私自身の役は色々複雑な役なので繊細に演じていきたい」と述べた。
 恭一郎の妻・雪子役を演じる田中美佐子は「こんな人は世界に一人もいない、こんな話は絶対無いという話だと思ってきましたが、実際やってみると“あってもいいかな”という内容で、見ていると結構リアル。毎日心臓バクバクで演じています。絶対面白いと思います」とアピールした。
 会見には、サプライズゲストとして主題歌「Angel」を歌うCHEMISTRYが登場し、3人が見守る中、生歌を披露した。そして本作の第1話を見たという感想として堂珍が「予測のつかない人生のなかで、やり場のない気持ちが激しく交差するドラマだと思った」と語ると、川畑は「すごい展開でこの先が楽しみ。自分たちの主題歌が流れた瞬間、楽曲としてドラマに参加できたことが嬉しかった」とコメントした。
 会見に最後に遠藤は「底辺にはデリケートな少年犯罪の被害者・加害者というものがあります。また、最後にはそれぞれの登場人物がそれぞれの着地点を見つけ、心の中で大きな成長や飛躍を遂げると思いますので、最後まで見ていただければ嬉しいです」とメッセージを送った。
 ◇
東海テレビ制作ドラマ「それぞれの断崖」第1話は、8月3日(土)午後11時40分からフジテレビ系で放送。

おすすめ番組一覧へ  トップページへ