特集

2016ハムフェア

【2016年08月19日】

 日本全国のアマチュア無線家たちの待ちに待った、アマチュア無線界“夏のビッグイベント”、アマチュア無線フェスティバル『ハムフェア2016』は、一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL、東京都豊島区南大塚、JG1KTC髙尾義則会長)の主催により、8月20日(土)と21日(日)の2日間、東京都江東区有明の東京ビッグサイト西2ホールで開催される。 今年のハムフェアは、『ハムフェア40周年、アマチュア無線で遊ぼう!』をキャッチフレーズに、開催当初の趣旨に基づいてそれぞれの時代に、アマチュア無線家が一堂に集い、友好と交歓を通じた今までの出来事を織り込みながら、アマチュア無線の楽しさを発見してもらうことを呼びかける。 また、8月20日には、一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD、東京都豊島区巣鴨、有坂義雄会長)が8月22日(月)に創立25周年を迎えるのを記念して、午後5時から、ハムフェア会場に隣接する東京ベイ有明ワシントンホテル3階アイリス(東京都江東区有明3-7-11)において、「JARD周年の集い」を開催する。

写真
▲アクティブに特別記念局の運用

 ハムフェアが40周年を迎える。「全国のアマチュア無線家が、独自の企画を持ち寄り、年齢・職業などを超越して一堂に集い、友好と交歓を通じて新しい、そして21世紀のアマチュア無線の楽しみ方を発見して欲しい、また、活躍するアマチュア無線の実態を一般の人々に効果的にPRしたい」という主催者の願いから、アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア)がスタートした。
 ハムフェア2016では、JARLコーナーの目玉として、ハムフェアとアマチュア無線の歴史を振り返る展示などを行う「ハムフェア40周年記念特別展示」コーナーを設ける。このコーナーでは、「モールス符号をユネスコの無形文化遺産へ」の活動の一環として、モールス・クラブ団体の協力による「モールス体験コーナー」を併設する。クラブ団体の人から分かりやすく教えてもらえるので、初めてトン・ツー(Aの音)などのCWの音を自分で出したり、気軽に触れてみたりすることができる。
 また、記念コーナーでは、コミニティーFM局のインターネット等でのライブ中継や収録を予定している。キー局は、水戸コミュニティー放送(FMぱるるん)となり、CQhamfor girlsのパーソナリティーほか、協力放送局のアナウンサーなどがこのコーナーへ集合し、さらにハムフェアのオープニング・セレモニー(8月20日午前9時45分開会)のインターネット・ライブ放送(動画配信)が予定されているので併せて、注目して欲しい。
 今年も来場した子どもたちに、ハムフェア会場内の見学を楽しみながら参加できるイベントとして、中学生以下を対象にスタンプラリーを企画している。見事にクリアした参加者には、記念品をプレゼントする。家族連れで来場の際には、会場入口正面付近のスタンプラリー受付コーナー(インフォメーションコーナー)に立ち寄る。
 毎回、大人気の特別記念局。今年は、「8J1HAM」が各周波数帯でアクティブに運用する予定。運用を希望する人は、JARL会員証と無線従事者免許証を持参する。ハムフェア当日の会場内での記念局運用は、記念局運用受付での事前申込みが必要。ハムフェア当日の開場前は、入場ゲートそばで受付を行うほか、開場後は記念ブースで受付を行う。ハムフェア会場での運用は、運用周波数の組み合わせ等の都合により、運用の希望や運用周波数の希望にそえない場合もある。
 JARLデスクでは、JARL会費の受付け、QSLカード転送の受付け、JARL発行アワード申請受付け、ハム何でも相談コーナー等も設ける。また、「電気の散歩道」は、身近な素材を使って電気の不思議が体験できる実験コーナーで、毎年、子どもたちや親子連れに大人気のコーナー。今年も楽しみである。
 今年の「工作教室」は、ハムフェアに来場した、できるだけ多くの子どもたちに工作を楽しんでもらうための教材を用意している。この「工作教室」では、ベテランスタッフが完成するまで親切にサポートするので、ハンダごてを初めて握る子どもたちも安心して、製作に挑戦することができる。子どもたちの夏休みの自由研究の素材としても最適である。
 ハムフェア2016のDXCCアワードの申請受付には、今年もARRL(アメリカのアマチュア無線連盟)から職員が来日の予定。ハムフェアの際のDXCCアワード申請受付では、JARLのDXCCフィールドチェッカーも補佐して申請受付を行う予定。また、今年もハムフェア会期前の2日間の申請受付も行うほか、遠方の人たちからの郵送等での事前申請受付も実施中である。
 「イベントコーナー」では、様々な講演や催事を行う。
 ハムフェア2016の開催にあわせて、JARLでは、「入会者歓迎キャンペーン」を開催する。8月20日・21日の2日間、ハムフェア2016入場ゲート前の「入会受付ブース」で、正員・社団会員・准員として会員期間1年以内に入会した人に、もれなくハムフェア2016入場券を贈呈する。また、ハムフェア会場内のJARLデスクで、家族入会や継続の手続きをした人にも、プレゼントを贈呈する。
 クラブコーナーは、クラブ活動のPRやアイボールの場、自作品の展示、不要品の展示販売など盛りだくさんで、毎年、熱気ムンムンのコーナー。ビジネスコーナーには、無線関連機器メーカーの展示、ハムショップ・パソコン関連機器他の展示販売等がある。JAIAコーナーでは、日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)加盟各社の自慢の製品を一堂に展示する。

特集一覧へ  トップページへ