特集

夏期中部特集

【2016年08月24日】

写真
 運転席はあるが運転手はいないリニモ

写真
      モリコロパーク

 【名古屋】「汽笛一声、新橋を」の鉄道唱歌で唄われて出発した東海道線はリニア中央新幹線ではJR東海品川駅から音もなく走り出すのだろうか。
 現在、新橋を出る「ゆりかもめ」はコンピューター制御による自動運転なので静かにホームを離れる。
 名古屋では地下鉄の終点、藤が丘駅の近くから磁石の力で浮いて走るリニモ(東部丘陵線)が運転手席は無人でも騒音や振動がほとんどなく、乗り心地は快適。2005年愛知万博が開かれた時にはよく利用された。
 万博跡地は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)となっているが、8月に愛知県が発表した観光レクリエーション利用者統計によれば利用者数のベスト9に入っている。
 愛知県は跡地で森林の保全や整備を行う森女(もりじょ)養成講座を9月に始める。
 世界の主要国リーダーによるサミットが5月、伊勢志摩で成功裏に終わった。三重県の鈴木英敬知事は「世界最高峰の国際会議を地方で完遂した」と語っている。
 江戸時代から一生に一度はお伊勢参りと親しまれた伊勢神宮。今でも1月初旬には総理大臣が訪れる。伊勢参りの起点となった東京・日本橋には、三重県のアンテナショップがある。三重県には空港も新幹線もないとぼやく人もいるが、外国人観光客の伸び率は全国一位となってる。
 作家の山崎豊子さんは小説「華麗なる一族」で志摩半島の英虞湾に「華麗なるたそがれが訪れる」と書いたが、華麗なる世界のトップが伊勢志摩に集まった。
 G7首脳が伊勢神宮を訪問したのは初めてで、安倍首相がオバマ米大統領らと内宮前で記念撮影をした。
 伊勢神宮の立地条件は絶妙である。五十鈴川にかかる木の宇治橋を渡り、手を洗い清める。近からず、遠からず、程よい距離の神域を歩いて内宮前へ。参拝後の飲食も充実している。名物・赤福の上品な甘さは欠かせない味である。高級食材にも恵まれ、伊勢えび、松阪牛、7 月から8月が旬といわれるあわびとそろっている。おいしい食べもの、美しい景色、おもてなしの心でメルケル独首相の夫と首脳夫人らも滞在を楽しんだ。
 三重県だけでなく、この地方では岐阜県も一般の人になじまれている。奥飛騨慕情、柳ヶ瀬ブルースの歌声に誘われ、温泉やその情緒を好む人が多い。  10月14日は、1872年に新橋停車場と横浜・桜木町駅間の鉄道開始を記念する鉄道の日となっている。
 1914年に東京駅が新設されて、夏目漱石の虞美人草にも登場する新橋駅はターミナルとしての役割を終え、汐留駅として貨物専用駅になった。今は記念碑だけが残っている。
 1964年 月1日に10東海道新幹線を開業したJR東海の柘植康英社長はこの8月3日、「名古屋から三重県、奈良市付近を通るリニア中央新幹線のルートは変更しない」と強調した。
 2027年、品川―名古屋間の開業予定で、2045年、名古屋―大阪間の開業を前倒しするためJR東海への3兆円の財政投融資が8月2日の閣議決定で盛り込まれている。

特集一覧へ  トップページへ