特集

Inter BEE 2016 EDIUSコラボレーションセミナー実施 グラスバレー

【2016年11月16日】

写真
▲「LDX86N」
写真
▲「GV Node」

 グラスバレーはInter BEE 2016に出展するとともに、隣接のホテルニューオータニ幕張において「グラスバレー・ソリューション2016」と題したプライベートショーを開催する。
 Inter BEE 2016のグラスバレーブース(3300)では、「EDIUS Collaboration」と題し、EDIUSを活用しているユーザーをはじめ、プラグインメーカー、ハードウェアメーカーとコラボレーションしセミナーを行う。「EDIUS」をもっと便利に、もっと快適に活用するための情報やテクニックを提供する。主な内容としては、グラスバレーが「EDIUS 8」の最新機能とHDR編集について紹介する他、フラッシュバックジャパン が「EDIUS」の表現力をワンランク高める多彩なプラグイン、井上晃 氏(マキシメディア)がプロジェクト設定~レイアウター活用法、大見義裕氏(お~ミ~! どっとこむ)がビデオエフェクトをヘビーに使いこなす驚愕の魔法、インテルが「Quick Sync Video」で広がる映像処理の世界などについて講演する。
     ◇
 一方、「グラスバレー・ソリューション2016」では、グラスバレーが提案する、ファイルベースシステム・HDR・IPソリューションを余すことなく展示する。
 主な展示内容は以下の通り。
 【ニュース&デジタルメディア】▽ニュースシステム:ニュース向け編集ワークフローとして報道支援システムと連携したトータルシステムを展示。K2メディアサーバーをプラットフォームに「STRATUS 4・8メディアワークフローアプリケーション」と「EDIUS Workgroup 8・3 搭載ノンリニア編集システム」を使用し、報道支援メタ情報との連携と収録・閲覧・編集のワークフローを紹介する。
 【ライブプロダクション】▽4K、3G/HD、HD 3/6倍速対応システムカメラ「LDX86N」:LDX86シリーズに4Kネイティブセンサー搭載モデルを新たにラインナップ。2/3インチ、3板式、B4マウントという従来からの放送用カメラスタイルを踏襲しつつ、4K/HD 6倍速に対応し、HDRやBT.2020色域もサポートする。
 【IPインフラストラクチャ】▽「GV Node」:リアルタイムのIPプロセッシングとルーティングが可能なSDIとIP SMPTE2022―6双方のブランキングスイッチに対応した次世代ルーティングプラットフォーム。1ノード当たりベースバンドとIPの双方で144×144ビデオと2304×2304オーディオをサポートし、ノードを増設することでスケーラブルに拡張することが可能。TICOコーデックにより4K 1ワイヤー伝送にも対応、モジュラー構成によりIP I/O、SDI I/O、マルチビューワーモジュールを実装可能で、各種プロセッシングモジュールもサポートする。
 会場はホテルニューオータニ幕張2F「すいせん」。日程は11月16日~18日、時間は15:00~18:00(18日のみ17:30)。

特集一覧へ  トップページへ