特集

Inter BEE 2016 HDR対応4Kテロップシステムを初公開 ラムダシステムズ

【2016年11月16日】

写真
▲ GRID-ZERO
(HDR/BT.2020に対応)
写真
▲ GRID-σ(シグマ)

 ラムダシステムズは、「Inter BEE2016」に出展し、▽HDR対応4Kテロップシステム(参考出展)▽4K対応テロッパー「GRID―ZERO」▽「GRIDBOX/GRID―σ(シグマ)」▽ノンリニア編集ソフト向け汎用テロップシステム「Neo・n」プラグイン▽緊急情報速報システム「e―Telop5」などを展示する。
 注目は、広色域・HDR対応の4Kテロップシステムの初公開。SDRではつぶれてしまう色も、HDRでは陰影がついて、より細かな表現が可能に。テロップをHDRに対応することで映像全体の質も向上するという。新製品は、SDR環境で作った素材をHDR素材として組み込んで使える機能や、文字の輝度調整を送出段階で行えるゲイン調整機能を備えた。できるだけ連続した動きの中で直感的に操作できるよう使いやすさも考慮した。
 「昨年の『Inter BEE』では4K/8K放送で採用される広色域『BT.2020』対応のテロップシステムを展示しました。今年はさらにレベルアップして注目度が高いHDRに対応したテロップシステムをお見せします。また、素材作成時のPCモニタのモード切替により実際の色域に近い形でCG編集を行うデモンストレーションも行います」(ソリューションサービス本部ソリューション・企画推進部企画推進担当の近埜祐太氏)。
 なお、HDR対応4Kテロップシステムには、高精細映像を4Kテロップで演出する4K対応テロッパー「GRID―ZERO」が搭載されている。「GRID―ZERO」は、ダウンコンバージョンを備え、HD/4Kの同時放送も考慮した構成になっている。広色域「BT.2020」に対応。16bit DeepColorにも対応し、より美しい表現が可能になった。4K対応モードのテロップ編集では座標系はHD画角のままで、イメージを取り込んだ際には4K画角のユニットを自動生成。デザイナーはテロップ素材作成時の各種座標・寸法設定でHD画角上の値をそのまま用いて4Kテロップ素材を作成できる。
 今春発売した新製品「GRIDBOX/GRID―σ」のワークフローも紹介する。「GRIDBOX」は、テロップシステムのフレームバッファをエンベデッドPCに搭載したもの。今展示会ではミニラックにGRIDBOXを3台実装した形式にて展示する。
 「GRIDBOXを使用した『スポーツコーダ』の運用構成もお見せします。ここでは、今年の春に発売されたスポーツコーダ専用の送出キーボード『SPORTS KEYBOARD2』も一緒にご覧いただきます」(同)。
 ノンリニア編集ソフト向けNeo・nプラグインでは、「Adobe Premiere Pro対応版」を参考出展する。 従来EDIUSプラグインとMedia Composerプラグインを展開していたが「Premiere Pro版が加わったことで、Neo・nが大手のノンリニア編集ソフト全てに対応することになりました。簡単な操作でNeo・nで作成したテロップを配置ができるのが特長です。ぜひその操作性を体感してください」(同)。
 「e―Telop5」では、気象情報、交通情報などの外部データ連携例を紹介する。L字情報システムの新バージョン「e―Telop5」は、同シリーズが持つ使いやすさをそのままに文字修飾機能を強化した。特定キーワードで背景色を変えたり、下線を引いたりといった強調が可能になった。また、2段ロールを用いた送出にも対応した。緊急時運用などにおいてより安定した送出操作が行えるよう、リスト機能も充実した。
 「従来のL字は1行だけ流れるイメージでしたが、それが2段になったり、画面左側のタイトルバーの下部に天気情報や鉄道情報が流せたりできますので、デモでは、それをフル活用した例をお見せします。今回は2社のデータサービスとの連携した形をお見せします。(株式会社ハレックス様のピンポイント気象情報システム、株式会社レスキューナウ様の鉄道運行情報サービス)さらに、当社のSNS連携アプリとも連携が可能です。そういった複数の情報をスムーズに管理できる点も「e―Telop5」の特長となっています」。
 最後に近埜氏は「ラムダシステムズは、ハードウェアとソフトウェアを融合させ、大きな付加価値を創造しつづけます。展示会では〝スマート&ビューティフル〟をキーワードに、画面の美しさに磨きがかかったハードウェアと、操作感にこだわったソフトウェア双方をぜひ体感してほしいと思います」と述べた。
 ブース・5404

特集一覧へ  トップページへ