特集

Inter BEE 2016 LEDライトのラインアップ拡充 パナソニックエコソリューションズ社

【2016年11月16日】

写真
▲ LEDスタジオライト(1500形)
写真
▲ LEDブロードライト
写真
▲ LEDカラーホリゾンライト

 パナソニック エコソリューションズ社は、Inter BEE 2016に「ラインアップ拡充でさらに拡がるパナソニックのLEDライティング」をコンセプトに出展する。
 今回は、スタジオ照明器具として、LEDスポットライト、LEDブロードライト、LEDカラーホリゾンライトなどを出展する。
 LEDスタジオライトは、従来の1000形に加え、新たに1500形・500形をラインアップ。ハロゲン照明に近い平均演色評価数Ra95を実現。フォーカス位置が一目でわかるフォーカス目盛付で、色温度は3000K・5000Kをラインアップしている。
 LEDブロードライトは、平均演色評価数Ra95でさらに美しくなった。従来品に比べ、役20%の軽量化を実現し、仕込み作業の負担を軽減する。また、厚さ約100㍉の薄型コンパクト設計となっている。消費戦力を低減し、従来品に比べ電気代は約2/3。色温度は3000K/5000K。
 LEDカラーホリゾンライトは、ハイパワーでさらに伸びのよいあかりになっている。ナチュラルモード(LEDの原色を活かすモード)とパステルモード(同社オリジナルの器具間色合わせモード)のモード切替が可能。2700K~6500Kの範囲で色温度の制御も可能。
 いずれも、器具双方向通信「RDM」機能を搭載しており、通電時間や点灯時間のリモート管理およびDMXアドレスの設定などが可能。  ブース・6213

特集一覧へ  トップページへ