特集

Inter BEE 2016 8K伝送用12G-SDI TICOコンバータ ヴィレッジアイランド

【2016年11月16日】

写真
▲ ヴァントルプ・ミカエル社長
写真
▲ VICO-8

 ヴィレッジアイランドは、NHKと共同開発した、世界初となる8K対応ビジュアリー・ロスレス(視覚上無損失)方式による12G―SDI TICOコンバータ「VICO―8」を展示する。8Kの非圧縮伝送は、12G―SDIでも同軸ケーブルが4本必要で、その取り扱いが課題となっていた。特にスペースが限られた中継車やスタジオ内ではケーブル敷設を容易にする必要がある。「VICO―8」は、同軸ケーブル1本で低遅延伝送が可能になることから、今回の共同開発に至った。TICOは、低遅延(数十ラインの固定遅延)を特徴とし、また4:1のビジュアリー・ロスレスを実現する次世代の圧縮技術。ワールドワイドなTICOアライアンス参加メンバーにより接続互換性が保証される。
 取締役営業統括の平井静宣氏は「『VICO―8』はビジュアリー・ロスレスに基づく8K向けの高画質圧縮方式を使った。通常データを圧縮すると画質が悪くなるが、TICOでは画質の劣化がなく見た目ではまったく違いが分からない。NHKと共に確認し、商品化した。中継車内の省スペース化を可能にする。外観は1Uのサブラックで、この中にBNCコネクタが8個入る基板が一枚実装される。エンコードでは4本を入力、1本を出力、デコードでは1本を入力、4本を出力として使う。今後、現場での評価を開始する。放送のIP化が叫ばれる中、当社では業界で一番使われているSDIケーブルを重視して差別化を図る」と話した。ヴァントルプ ミカエル社長は「当製品により8K信号は1本のケーブルにより高画質で入る。放送IP化の実現に向け様々なフォーマット規格が提案されているが未定だ。放送事業者が持つ既存のSDIインフラで8Kを実現するための解決策を提示する」と語った。
 今回のブースのコンセプトは、放送事業者、放送機器メーカー、パートナー向けに投資効果及びタイム・ツー・マーケットで様々なソリューションを提供すること。放送マーケットは世界的にCAPEXからOPEXへ、製品からサービスへと移行が始まっているため、同社は、QualesFileQC、harmonic、DALET MAMと言った優れたクラウドソリューションを提案する。「投資効果を最大にするため、色々な製品を組み合わせて最適なソリューションを提供する。また、SKYLINE社のネットワークマネジメントシステム『Dataminer』は、ネットワークに接続されたマルチベンダーのデバイスを一元的に監視できるが、新たにデバイスが追加されても、当社のエンジニアが迅速に対応する」とミカエル社長は話す。
 ビデオシステム事業とコンテンツマネジメント事業については、ヴィレッジアイランドはこのほど、SAM(Snell Advanced Media)社の販売代理店となり、ペリフェラルモジュールの取扱を開始した。また、ハイエンドIPマルチビューワ「FlexViewer」を自社開発した。MPEG2@9・5Mbps素材で45チャンネル分が表示可能。
 また、高画質の出力であるH.264@20Mbps素材では、2台をカスケード接続し、最大35チャンネル分の表示が可能。そのほか、Dalet社のファイルベースソリューション、Quales社の低価格・高品質な映像画質自動評価ソフト等を紹介する。
 OTT及びCDN、デリバリーのIPテレビ事業では、ヴィレッジアイランドはこのほど、Broadpeak社の販売代理店となり、大幅なコストダウンを可能にするCDN構築ソフトウエアソリューションを提案する。また、Witbe社のQoE評価ロボット、BarnFind社の12G―SDIと光コンバータを紹介。今回は12G―SDI対応のSFP+モジュールも展示する予定。そのほか、Conviva社、Harmonic社、Wellav社の製品を展示する。
 さらに、DekTek社のマルチインターフェースボードとコンバータ、OEMではヴィレッジアイランドの自社製品TICO SDIコンバータ「VICO―4」、Digigram社のプロスペックのサウンドカード、Kalray社のスマートネットワークインターフェースカード等を展示する。なお、「VICO―4」は、12月末にも発売する予定。ブースでは4K伝送実験を行う。
 ブース・6508

特集一覧へ  トップページへ