特集

Inter BEE 2016 高帯域IP伝送装置 フェアーウェイ

【2016年11月16日】

写真
NAK-BAND

 映像を活用したネットビジネスに役立つ様々な技術やサービスを提供するフェアーウェイは、「無ければつくる」をポリシーに、来年に向けて展開を予定しているサービスや製品を展示する。
 映像を安定的に送り届ける通信環境を提供する、高帯域IP伝送装置「NAK―BAND(ナックバンド)」は、誰もが簡単に費用を安く導入できる、一般的なネット回線を複数束ね、10Gbps以上の帯域を確保し、肥大化した回線コストを大幅に削減。数千万円のランニングコストを数十万円に削減することが可能になった。また、複数の回線を利用することにより、コストの大幅な削減に加え、高いセキュリティと通信速度の安定性を生み出した。通信データを分断し、各回線にランダムに伝送することで、万が一の盗聴にも通信内容は読み取れず安全な通信環境を生み出した。1回線が断線してもその他の回線で通信を続けることが可能になり、通信速度の安定性が格段に向上した。今までなかなか実現することのなかった、長距離IP伝送を用いたパブリックビューイングや拠点間伝送をより身近なものにする。
 4K対応モザイク編集機「GANTAI(ガンタイ)」は、映像編集の効率を格段に向上させる。番組やニュースなど映像尺出し編集中に行いがちなモザイク加工処理だが、単純な作業でも想像以上の時間を要する。「GANTAI」は、通常の編集作業からモザイク処理を丸ごと別工程に移すことで、編集効率が格段に向上する。また、オートトラッキング機能を全モデルに標準搭載。シーン単位でターゲットを選択し、対象範囲をトラッキングする。もちろんマニュアル操作で丁寧に作業することも可能。そのほか、現在提供中の自社開発サービスに関する情報の展示も行っている。
 ブース・7301

特集一覧へ  トップページへ