特集

Inter BEE 2016 入力から出力まで「4K HDR」提案 キヤノン

【2016年11月18日】

写真
▲ EOS C700
写真
▲ 田中玲子氏

 キヤノンは、「入力から出力まで、拡がる表現力で、映像はその先へ。4K HDR BY CANON」をテーマに、4K HDR制作に対応した各種製品・ワークフロー提案をはじめ、8K関連の参考出品など多数の映像関連機器や技術を展示や映像で紹介する。主な新製品として、2/3型27倍の4K放送用レンズ、4K対応シネマカメラ「EOS C700」、業務用4Kディスプレイ2機種、業務用ビデオカメラ「XC15」を展示する。イメージングソリューション商品企画部の田中玲子氏は、「HDRは今までは手探り状態だったが、ある程度実務で使われ始めている。今回、キヤノンによるHDRをブースで紹介したい」と話す。セミナーでは新製品を使ってHDRでどう撮れるかなどキヤノンが考えるHDRをテーマに講演する。
 高い処理能力を持つ映像処理プラットホームを3基搭載するなど、CINEMA EOS SYSTEMのフラッグシップモデルとして4K/60P内部記録が可能になった「EOS C700」は、今年9月にアムステルダムで開催された「IBC2016」で発表し、大きな反響があった。「『EOS C700』はデザインも一新し、現場で使える、いいとこ取りの機能と操作性を入れた。顧客によって利点が異なるが、画質、4K60Pの内部記録がCINEMA EOS SYSTEMでできるところが訴求ポイントです。また、レコーダーで4K120PのRAWでの収録が可能で、アナモフィクレンズにも対応した。ビューファインダーが見やすくなったと好評を得ています」(田中氏)。
 4K放送用レンズ「UHD DIGISUPER27(UJ27×6・5B)」は、キヤノンが培った技術を集結して4K放送時代に求められる高い光学性能と運用性の両立を実現した。この27倍4Kレンズは、放送局のスタジオ用に開発したもので、ズーム、フォーカス、デマンド操作など顧客ニーズに細かく応えた。今までの27倍HDレンズと同じ大きさで4Kのクオリティを出した。4Kでは解像度的にレンズが合う範囲が狭く、ピント合わせが難しくなるが、キヤノンの光学技術の進歩により高い解像感を実現した。
 「2/3型4K放送用の27倍については、IBCでは2/3の4Kカメラも各社が出しており、今までのHDと同じフローで各局とも4Kに入れ替えていきたいという話が多く、運用と大きさがそのままで4Kの解像度、高画質を実現できている点が高く評価された」と田中氏は語る。
 業務用4Kディスプレイでは、新たに加わった17型の「DP―V1710」は小型・軽量のため機動性に優れ、現場への持ち込みや中継車への積み込みなど、このサイズを求める人が多い。「DP―V2420」はHDR表示に注力し、高輝度の映像表現が可能。業務用ビデオカメラ「XC15」は、「EOS C300 MarkⅡ」とのマッチングを高め、CINEMA EOSユーザーのサブカメラとしてハイエンドな映像制作ニーズに応える。
 田中氏は、「当社は、レンズとカメラ、ディスプレイがあることが強みです。光学、センサー、カメラの技術でより高画質にきれいにHDRが見られることを提案したい」と強調する。
 ブース規模は40小間で、4Kプロジェクターで4K映像を上映する。8K製品は技術展示で参考出品する予定。
 ブース・7306

特集一覧へ  トップページへ