特集

Inter BEE 2016 展示の目玉は新型テレビ送信機 日立国際電気

【2016年11月18日】

写真
SK-UHD4000シリーズ

 日立国際電気は、先進技術で放送界をリードする新型テレビ送信機や放送カメラを中心に展示している。
 展示の目玉は、新型テレビ送信機、新型テレビ中継送信機。地上波デジタル放送設備の更新に向け、開発・製品化を進めている新型テレビ送信機や新型テレビ中継送信機を展示している。これら新型の送信機は「信頼性の向上と安定運用」、「保守性の向上」、「ランニングコストの低減」を主な開発コンセプトに高性能と運用性の高さを両立した製品である。
 放送用カメラでは、一つに、放送用8Kカメラ「SK―UHD8060B」を展示。8K時代の到来に向けNHK と共同開発した単板式8Kカメラシステムを展示している。8K映像制作の使い勝手を大幅に飛躍させるカメラ小型化の実現と、光伝送や収録用ユニットの開発により、様々な運用形態を実現した。今後、需要が増えるハイダイナミックレンジ(HDR)、BT・2020にも対応している。
 もう一つは、放送用4Kカメラ「SK―UHD4000」シリーズ。SK―UHD4000―EXは、従来の4Kカメラ(SK―UHD4000)から中継用カメラとしての運用性を大幅に向上させたカメラ。無線やバッテリーを用いる際に便利な、専用アダプターなどを用意している。ハイダイナミックレンジ(HDR)への対応を予定するなど、今後もカメラシステムとしての進化を続けていく。
 なお、日立国際八木ソリューションズ製品として、FPU空中線を出展している。
 ブース・7214

特集一覧へ  トップページへ