特集

マイクロウェーブ展2016 WaveTechnology 日本高周波

【2016年11月30日】

写真
▲ 3kWソリットステート型マイクロの電源部
写真
▲ アンプ部

 日本高周波(神奈川県横浜市緑区)は、デジタル放送用同軸コンポーネント、マイクロ波導波管コンポーネント、ミリ波コンポーネント、高周波・マイクロ波電源装置等を展示する。これまでに培った開発製品のノウハウと実績を基にマイクロ波関連製品を手がけて、今年で84年を迎える。今後更なる電磁波の可能性を追求し、最先端の技術を提供する。
 新製品として、出力電力の安定性に優れている3kWソリットステート型マイクロ波電源を開発し、アイソレータ、方向性結合器、4E自動整合器等含めトータルシステムとして提案している。
 また、加熱用6kWマイクロ波発振装置の小型・軽量化を実現した。更にマイクロ波電源、4E自動整合器を実装して、マイクロ波ダイヤモンド成膜装置の製造も行っている。そのほか、デジタル放送用同軸切替器、疑似空中線、衛星基地局用導波管、加速器用真空導波管等の製品を出展している。
 ブース・K―05

特集一覧へ  トップページへ