特集

危機管理産業展2016レポート 5Mモデル360度全方位ネットワークカメラ エスシー

【2016年12月02日】

写真

写真

写真

 エスシーは「危機管理産業展2016」に出展し、好評を得ているアナログ価格と同様の施工/予算でフルハイビジョンシステムを提供できるHDCVIシステムをはじめ、夜間の監視をサポートするスターライトカメララインアップを追加し展示した。
 ヒートマップ機能などを装備した360度全方位ネットワークカメラは4Kモデルにローコストの5Mモデル追加(4Kフィッシュアイカメラ「SCIP―FI4K」、5Mフィッシュアイカメラ「SCIP―FI5M」をラインアップ)。夜間監視を強力にサポートするスターライトカメラも新ラインアップを紹介。IR照明搭載のHD―SDI/EX―SDIP PTZカメラ、グローバルシャッターフルハイビジョンボックス型カメラが新登場した。スターライト自動追尾機能型PTZカメラ、耐食仕様カメラ等のネットワークカメラ、ユーザーニーズに応えるラインアップを用意した。
 エスシーの豊富なラインアップで、HDCVI、IP(ネットワーク)方式のどちらでもハイビジョンシステムを構築できる。HDCVIは既存同軸(3C、5C)ケーブルを利用してハイビジョンシステムの構築が容易に行える。HDCVIハイブリッドDVRは既存アナログカメラ、IPカメラ(2台まで)の混在のハイブリッドシステムが構築可能だ。
     ◇
 固定カメラ価格でフルハイビジョンがポイントの光学4倍プリセットドームカメラが登場した。設置時の調整いらず。PTZだから隅々まで監視する。HDCVI・ネットワーク両タイプをラインアップ。コントロールはHDCVI/アナログ・ハイブリッドDVR、HDCVIシリーズから同軸ケーブル経由で、ネットワークタイプはNVRまたはパソコンから制御が可能だ。
     ◇
 AC100V電源だけあれば設置可能な完結型Wi―Fi屋外用カメラシステムも提案した。MicroSDカード録画で、有事の映像はWi―Fi経由でダウンロード可能。無線LANブロードバンドルータ内蔵、GPSアンテナ内蔵、時刻修正内蔵、温度検知起動ファンも内蔵した。
     ◇
 セキュリティや入退室管理に活用される顔認証システム、マーケティングなどに活用される性別年齢識別+人数カウントシステム、警備やイベント等の手法を変えるアンドロイド携帯のカメラやUSB接続されたウェアラブルカメラのライブ動画を、LTEまたはWi―Fi接続で特定のサーバを介さず、ダイレクトに指定したパソコンに動画伝送するモバイル動画伝送システムなど、大幅に価格低減を図ったシステムの実演も行い注目を集めた。
 エスシーのスマートフォン動画伝送・顔認識・性別年齢識別エンジンは、3つのエンジンが実現する警備、各種調査、捜査、マーケティング、イベントに新たなステージを提供する新ソリューション。アンドロイド端末(スマートフォン、タブレット等)やウェアラブルカメラのライブ映像を、LTEまたはWi―Fiで特定サーバ等を経由せずに、直接本部のPCビューワに送り、表示できるスマートフォン動画伝送表示エンジンを紹介。PCビューワは一般のIPカメラ映像も表示できるため、移動先や各所設置の映像情報が本部で一括管理し、的確な指示もできる。本部ビューワ上の全体画面もアンドロイド端末に送信可能なため、スマートグラス等でローカルに居ながらにして、全体の状況の把握も可能だ。
 顔認識エンジンは、カメラのライブ映像や記録済み映像から顔を高速に認識し、1000人まで登録管理することができる。Windowsベースのため、カスタマイズが容易だ。
 性別認識識別エンジンはカメラからの映像から、性別、年齢を高速識別する。マーケティングや性別、年齢に応じた映像情報との連動による販促システムなど、幅広い活用用途を提供する。これら3つのエンジンは、組み合わせてシステム構築が可能なため、アンドロイド端末で送信された映像から顔認証して認証結果をローカルで確認したり、遠隔にて顔認証、性別年齢識別する一元管理システム構築等、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできる。各エンジンは100万円から。

特集一覧へ  トップページへ