特集

「震災対策技術展」横浜 トータルサポートの防災ソリューション 協和エクシオ

【2017年02月03日】

写真
専用リュックサックでのユニットの持ち運び(イメージ)

 協和エクシオは第21回震災対策技術展に出展し、平常時から災害発生・復旧までトータルでサポートする、防災ソリューションを展示する。主な出展概要は次の通り。▽サバイバル電源=4・4kWhリチウムイオンバッテリーを持ち運び可能なサイズに分割でき、多様なエネルギー源と組み合わせバックアップ時間を最大化する電源システム。▽EXTravel=自治体向けの「観光」と「防災」が一体になったスマホアプリ。国内の観光客はもとより外国人観光客もグローバルにおもてなし。専属ガイドのように一人ひとりにあったきめ細かい情報を提供。▽EXDefender=災害情報や自治体の避難指示等をいち早く知らせ、災害種類別に最適な避難誘導を支援する賢いスマホアプリ。▽EXRescue=自治体の災害対策業務を支援するシステム。スマホのGPS、カメラ・音声録音機能を活用し対策本部と現場をタイムラグなく正確に連携。
 また、栃木県日光市で採用された公式スマホアプリを災害アプリ体験コーナーで次の展示を行う。▽日光街歩きナビ=平常時に観光ガイドを使用していても、緊急地震速報を受信すると自動的に地震情報画面に切り替わり、ユーザの場所に合わせた予想震度や到達時間をお知らせ、最寄の避難所へ案内。

特集一覧へ  トップページへ