特集

「SECURITY SHOW2017」 「i―PRO」新製品など独自の先進技術・最新商品 パナソニックグループ

【2017年03月08日】

写真
パナソニックグループブースイメージ

 パナソニックグループ(パナソニック、パナソニック システムネットワークス)は、「SECURITY SHOW 2017」において、“~INNOVATION@Business Front~ 想像を超える性能、究めたユーザーフレンドリーi―PRO 新製品、デビュー”をコンセプトに出展する。「i―PRO」シリーズ新製品を筆頭に同社独自の先進技術、最新商品を展示し顧客に安心・安全を届けるトータルソリューションを提案する。
 メインブースでは、ネットワークカメララインアップと共に、最新の監視カメラ技術による。「i―PRO」シリーズ新製品を展示。デモステージでは、光量の少ない環境下でもカラーで視認性の高い監視映像を撮影できるカメラ、同社独自の技術で高効率録画を可能にしたレコーダー、降雨時でも良好な画像視認性が得られる「アドバンス親水コート」など実機デモを交えて紹介する。
 屋外ソリューションでは、様々な環境における活用シーン(市中・交通監視、沿岸・港湾監視店舗、街頭監視)を想定し、過酷な環境にも耐えられる「エアロPTZカメラ」、「耐重塩害カメラ」、ドローンを検知し自動追尾する「ドローン検知システム」、オールインワンパッケージで電源があれば設置だけで即稼動できる「防犯・監視カメラ用60GHz 通信ボックス」を展示する。
 ホームソリューションでは、個別住宅やマンションの快適な暮らしを守る製品として、外出先でも来客対応が可能なスマホで「外でもドアホン」、離れた場所をスマホで確認・会話・録画が可能な「ホームネットワークシステム」、セキュリティ機能やスマートフォン連携が進化したマンションHAシステム「Windea」を実機デモを交えて紹介。
 先進ソリューションでは、ウェアラブル機器やモバイル端末の活用で作業効率向上・現場サポートする「インタラクティブ監視オペレーションシステム」にて活用シーンを想定した実機デモを行い、新たな監視環境をソリューション提案する。
 この他、全方位カメラにて高精度の人数計測を実現した「人数カウントシステム」、離れていても現場が見える「みえますねっと」、監視システムを統合・連携させ包括的な地域防犯・防災を実現した「統合セキュリティ映像サーバ型システム」も展示する。
 さらに、会期中、パナソニックブースより、YouTubeにてライブ配信を行う予定。

特集一覧へ  トップページへ