特集

「SECURITY SHOW2017」 新たなビジネス展開につながる映像解析技術 三菱電機

【2017年03月08日】

写真
▲ 伊藤英明部長
写真
▲ 監視カメラシステム
「DIGITAL ROBOTY」
写真
▲ ハンズフリータグ

 三菱電機は、今回の出展で『映像解析技術を活用し、ビジネスを新たなステージへ』をテーマに、三菱電機セキュリティー「DIGUARD(ディガード)」について①映像監視、②入退室管理、③情報セキュリティー、④セキュリティー技術・防災・その他―の4つの分野から紹介する。今回の「SECURITY SHOW 2017」では、展示会最大の40小間(360平米)スペースを展開する。出展のねらいやみどころ、概要などを同社トータルセキュリティー事業推進部の伊藤英明部長に聞いた。
 「今回ご注目いただきたいのは、映像監視分野における監視カメラシステム『ROBOTY(ロボティ)』の新製品発表と、入退室管理分野における統合ビルセキュリティーシステム『MELSAFETY(メルセーフティー)』の入退室管理システム『ハンズフリー認証装置』の新製品、セキュリティー技術等分野における『AIを活用した最新の映像解析技術』などのデモンストレーションです」(伊藤部長)
 映像監視分野では、『ROBOTY』の新製品と、ネットワークカメラシステム「MELOOK 3(メルックスリー)」、ネットワーク用カメラ用録画・配信サーバー「ネカ録」、製造業向け映像連携ソリューションなど主力製品を中心に出展する。
 「複合一体型カメラ『ROBOTY』は、これまでアナログカメラでしたが、新製品としてフルハイビジョン対応、30倍ズームのデジタルカメラを投入します。会場では実機を初公開しますので、テレビ撮影と同じ高画質な撮影画像をぜひご覧いただきたいと思います」(伊藤部長)。ほかに、16分割したフルハイビジョン映像を30fps表示することで高精度な映像監視を可能にしたネットワークカメラシステム『MELOOK 3』、大規模システム・長期間記録に適した録画・配信サーバー『ネカ録』なども実機が展示される。
 「入退室管理分野では、統合ビルセキュリティーシステム『MELSAFETY』のうち、入退室管理システムの認証装置としてモデルチェンジをおこなった『ハンズフリー認証装置』をご紹介します。タグを携帯してドアに近づくだけで認証可能なデバイスで、カードをかざすなどの手間が省けるので、病院や工場などの手がふさがりやすい施設でご利用いただいている製品ですが、新製品ではタグのサイズが約30%削減されました。またタグの電池が切れた場合でも密着通信による認証が可能となり、使いやすくなりました。さらに従来アンテナ部、コントローラ部に分かれていた認証装置は一体化され、価格も認証装置単体では約30%削減できるので導入しやすくなっています」(伊藤部長)
 『ハンズフリー認証装置』を含む『MELSAFETY』は、入退室管理システムと映像監視の機器を中心に構成するビルセキュリティーシステムの製品群で、事業所の規模やニーズに合わせ、入退室管理システムと映像監視システムの連携により、様々な運用ソリューションを提案することが可能だ。
 また入退室管理分野としては、無人の受付案内システム『コンコンコール』も実機展示される。
 情報セキュリティー分野では、スマートデバイス内に業務領域を作成して個人領域と分離することで情報漏えいを防ぐ『セキュアモバイルマネジメントサービス』や、クライアントPCや共有サーバ内にある個人情報ファイルを検出する『すみずみ君』、社会保険労務をサポートするe―Gov電子申請サービス「ARDIO(アルディオ)電子申請システム」などを出展する。『すみずみ君』はマイナンバーの高精度検出にも対応。『ARDIO』はマイナンバーを含む機密情報の漏えいリスクを回避し、総務担当者の業務効率に寄与する。
 セキュリティー技術等その他分野では、昨今注目のAIを活用した映像解析ソリューションを参考出展する。
 「AIを活用した映像解析ソリューションは、メインブースに設置するステージでデモを行う予定です。今回は『ベビーカーを押している人』をテーマに特徴から特定の行動をしている人を識別する実験を行います。AIにベビーカーの特徴を覚えさせ、ショッピングカートのように似た特徴のものとも判別できるシステムです。三菱電機では映像解析技術が今後のセキュリティーやビジネス展開の中心的技術になってくると考えており、ビジネスの新たなステージにつながる映像解析技術をPRしていきたいです」(伊藤部長)
 ほかに、参考出展では『セキュアシティソリューション』や『コンパクトな人工知能』、『リアルタイム混雑予測技術』、『レーダーによる津波監視支援技術』などを紹介。また、スマートタウン向けEMSサービス『DIAPLANET TOWNEMS』と『情報収集ロボット クローラーロボット』などもデモ展示する。

特集一覧へ  トップページへ