情報・通信

NEC アプリを高速化するデータ通信方式を開発

【2016年06月02日】

 NECは、CPUと書き換え可能な専用LSIのFPGAを広帯域な伝送路でつないだプロセッサ(密結合プロセッサ)で、CPUとFPGA間の高速通信を実現する『異デバイス共通通信方式』を開発したと発表した。
 IoTにおいて、センサや機器からの大量なデータを高精度に分析するには高性能なプロセッサが不可欠だ。昨今、高性能なプロセッサとして、CPUとFPGAという種類の異なるコンピューティングデバイスを密結合したプロセッサが検討されている。
 今回、NECは、センサからのデータ分析などIoT向けアプリケーションに対してCPUとFPGA間の高速通信を実現する『異デバイス共通通信方式』を開発。本方式の有効性を、インテルのCPU―FPGAを密結合した試作機を用いて評価した。本方式とNECの半導体設計ツール「CyberWorkBench」(サイバーワークベンチ)を併用することで、CPU―FPGA密結合プロセッサ上でのIoTの高精度な分析処理の高速化に必要な設計時間を約50分の1に短縮できた。

情報・通信一覧へ  トップページへ