情報・通信

ペルー国家警察に顔認証ソフトウェアを提供 NEC

【2016年12月07日】

写真
提供するNeoFace Watchとペルー国家警察統
合治安対策本部長 Carlos Samuel TUSE LLO
CLLA

 NECは、ペルーの国家警察にカメラ映像向けリアルタイム顔認証ソフトウエア「NeoFace Watch」を提供したと発表した。同ソフトウエアは、11月にペルーの首都リマで開催された「アジア太平洋経済協力(APEC:Asia―Pacific Economic Cooperation)閣僚会議(17・18日)首脳会議(19・20日)」などを含む、APECリーダーズウィークのセキュリティ強化に貢献した。
 APECは、アジア太平洋地域の持続可能な成長と繁栄に向けて、貿易・投資の自由化、ビジネスの円滑化、人間の安全保障、経済・技術協力などに向けた活動を行う、アジア太平洋地域の21の国と地域が参加する経済協力の枠組み。
 NeoFace Watchは、世界ナンバーワンの認証精度を有する顔認証技術を用いて、カメラ映像から対象となる人物をリアルタイムに照合・通知するソフトウエア。同ソフトウエアは、セキュリティ対策として人が多く集まる場所での監視や迷子の捜索等への活用、マーケティング用途としてホテル等でVIP顧客を識別しサービスを向上するなど、様々なシーンで幅広く活用できる。
 今回、NeoFace Watchと接続した防犯カメラを会場および、関連施設の入り口などに設置し、事前に登録されている各国の参加者や会場スタッフ以外の人物が会場に現れた際に、警備を担当する警察に知らせることで、会場のセキュリティ強化を実現した。
 NECはこれまで、顔認証や指紋認証をはじめとする生体認証技術を、世界70ヵ国以上、700を超えるシステムに提供してきた。今後も先進的な技術やシステムをグローバルに提供する。

情報・通信一覧へ  トップページへ