情報・通信

平成29年賀詞交歓会 電気通信事業者協会(TCA)

【2017年01月13日】

写真
▲ 鵜浦博夫会長
写真
▲ 高市早苗総務大臣

 一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)は1月6日、平成29年賀詞交歓会を東京都千代田区の東海大学校交友会館で開催した。鵜浦博夫会長は、「今年の経済については欧米で大きな変動があり、それを受けて期待と不安が交錯し、その変動幅が大きく変動周期が早い1年になると思います。私どものビジネスは間違いなく進展し、AI、ビッグデータ、IoT進展のスピードを上げるべきでしょう。『インダストリー4・0』は、我が国でも第四次産業革命とも言います。科学技術会議第5期基本計画の『ソサエティ5・0』は産業競争力の強化だけでなく、社会的課題の解決等を示す『超スマート社会』を目指しています。このコンセプトを肉付けする概念や事例が生まれることによって日本の『ソサエティ5・0』が育ち、一億総活躍社会が地方創生にもつながります。電気通信事業者のビジネスは今後も大きく変化しながら、その役割や使命はますます大きくなるでしょう。こうした大きな変革の中でコラボレーションがキーワードになります。様々な業種のコラボレーション、地方と大都市間を含めた地域間のコラボレーション等が日本経済の発展に不可欠です。当事業者協会においてもそのコラボレーションの中味をさらに充実し、健全な競争を総務省のご指導を得ながら進めていきます」と挨拶した。
 来賓の高市早苗総務大臣は、「今年、安倍総理は今通常国会について『未来を拓く国会』にすると言っています。皆様に支えていただいているICTは未来への投資を誘発するもので、日本の隅々までイノベーションを創出し、地方でも雇用と富を生み出す大切な分野です。総務省は今年も超高速ブロードバンドの普及・利活用を促進します。5GはIoT時代のICT基盤なので早期実現が肝心です。2020年の実現に向けて今夏頃までに基本戦略を策定する予定です。携帯電話の料金・サービスについては皆様の積極的な取り組みによって利用者の選択肢が広がりました。さらに利用者にとって分かりやすくて納得感のある料金・サービスになるように取り組んでいきます」と挨拶した。

情報・通信一覧へ  トップページへ