情報・通信

店舗カメラで繋がるIoT×Retail ボッシュセキュリティシステムズ

【2017年06月07日】

写真
▲ 3Dシティモデル

 ボッシュセキュリティシステムズ(東京都千代田区、以下ボッシュST)は6月13日、リテールの顧客に向けたイベントとして「~店舗カメラで繋がるIoT×Retailを体験しよう~Bosch ST Experience Tour」イベントを東京都渋谷区のcafe1886 at Boschで開催する。IoTの広がりを受け、プロモーションツールや接客補助など小売業界でもAIと組み合わせてIoTが活用されるケースが増えたものの、費用対効果やシステム管理等への懸念から導入に躊躇するケースも多い。ボッシュの監視カメラに搭載された映像解析技術は、ヨーロッパを始めとする世界各地での大規模システム導入の経験を凝縮し、またシステム負荷を極力低減しながら強固なデータ保護を可能にする技術を内包し、本来の防犯目的のみならずマーケティング用途へも応用できる。激しい競争環境下にある小売業者が販売力強化の一環としてIoT化に取り組むきっかけとなるよう本イベントを企画した。
 イベントは、ソリューション展示、オープンセミナー、ボッシュのコネクテッドセキュリティエクスペリエンスを柱とした、ミニ展示会形式となっている。店舗の監視カメラを通じたIoT化をより具体的にイメージできるよう、店舗系、本部系、倉庫系、インフラ系のカテゴリでソリューション展示するほか、参加企業による15分ごとのオープンセミナー、3DのシティモデルによりボッシュSTを紹介する。監視カメラと繋がるIoTデバイスのほか、現在話題となっているLPWAをはじめとするネットワーク、データを受け取って分析・可視化するアプリケーションまでを総合的に体感できる。

情報・通信一覧へ  トップページへ