情報・通信

NEC、ドコモと5G実現に向けたセル間協調技術の検証実験

201831日】

写真 1
検証実験の様子

 NECは、NTTドコモと共同で、次世代無線通信規格5Gの実現に向け、集約基地局(CU、Central Unit)が複数のリモート局(DU、Distributed Unit)を制御するC―RAN(Centralized―Radio Access Network)構成の超多素子AAS(Active Antenna System)基地局システムを使用し、DU間の協調制御を行う検証実験を、横須賀リサーチパーク(神奈川県横須賀市)やNEC玉川事業場(神奈川県川崎市)などで開始したと発表した。
 NECが開発した低SHF帯超多素子AAS基地局システムは、CUにより、異なるDUに接続している端末の情報を複数DU間で交換し、DU間で協調制御しながら指向性を持った信号(ビーム)を形成する。これにより、DUの通信可能範囲(セル)の境界付近に位置する端末のスループットを従来と比べて大幅に改善し、場所を問わず安定した高品質通信を実現する。
 今回の検証実験では、郊外や都心部など様々な実環境におけるDU間協調制御によるセル境界での品質改善効果を確認する。
 あるDUの通信可能範囲と、隣接する別のDUの通信可能範囲の境界付近に位置する複数の端末に対して、各端末と通信しているDUが独立にビームを形成する
と、互いのDUからの電波干渉により、端末の動画のダウンロードスピードが低下するなど通信品質が低下してしまう。セルがより密に配置される5Gでは、DU間の干渉は大きな問題になると考えられている。
 今回の検証実験では、屋外環境において、CUに接続された2台のDUの通信可能範囲の境界付近に位置する複数台の端末が各DUと通信している状態で、DU間
の協調制御の有無による下り通信品質を測定する。
 NEC玉川事業場での検証実験では、協調制御していない場合、他DU配下の端末のことを意識せずにビームを形成し下り送信を行うため、大きな干渉が発生
し、通信品質が低下した。
 一方、協調制御している場合、DU間で協調しながらビームを形成するため、互いのDUからの電波干渉による通信品質の低下を防ぎ、下りスループットが最
大50%程度向上し、場所を問わず安定した高品質通信が実現可能であることを確認した。
 なお同システムには、総務省の委託研究「第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発~高周波数帯・広帯域超多素子アンテナによる高速・低消費電
力無線アクセス技術の研究開発~」プロジェクトの成果の一部が含まれている。

情報・通信一覧へ  トップページへ