情報・通信

「WSN―IoT AWARD2018」募集を開始 YRP研究開発推進協会

2018411日】

 YRP研究開発推進協会のWSN協議会(ワイヤレススマートユーティリティネットワーク利用促進協議会)は、LPWAなどのIoT技術を活用したIoTシステムの発展や活用の拡大等を促すことなどを目的として、関連の製品・部品・ソフトウエア・システム、それらの研究開発などを広く募集の上、特に優れたIoT利活用事例を「WSN―IoT AWARD2018」として表彰すると発表した。この取り組みは今回が初めての実施となる。
 表彰を受賞した事例については、5月23日(水)~25日(金)に開催される「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018」(WTP2018)の期間中に表彰式を行い、同時にプレゼンテーションの場を提供するとともに、今後、WSN協議会の様々な活動を通じて当該事例の普及展開を図る。
 わが国のIoT技術の進歩、Wi―SUNを始めとしたLPWAなどの無線技術を利用するIoTシステムの発展や活用の拡大等を促すため、特に優れた製品・部品・ソフトウエア・システム、それらの先進的な活用や研究開発、人材育成の取り組みなどを表彰する制度として確立する。
 具体的には、Wi―SUNをはじめとしたLPWAなどの無線技術を利用するIoTシステムに関する研究開発実証、製品・部品・システム開発、アプリケーションサービス開発、人材育成、普及促進の事例に対して募集を行う。実施主体は、民間企業、地方公共団体、NPO、地域団体、教育機関、研究機関等とし、WSN協議会の会員非会員を問わない。
 YRP協会WSN協議会会員機関が、自ら実施する取り組み事例について応募することができる。WSN協議会会員企業以外が実施する取り組み事例については、WSN協議会の会員からの推薦応募により受け付ける。
 事例のIoT無線技術の利活用、連続性、課題解決、創意工夫、成果、独創性・先進性、事業性等を踏まえ、審査会において審査を行う。特に優秀と認められる応募事例に対して、大賞(最優秀賞)1件程度、優秀賞3件程度、奨励賞5件程度を表彰し、賞状を授与する。
 所定の応募要領に基づき、決められた提出物を提出先まで応募する。募集期間は4月30日(月)まで(必着)。
 提出先は①電子メールの場合はwsn―event@yrp.co.jp②郵送の場合は〒239-0847 横須賀市光の丘3―4 YRPセンター1番館 YRP研究開発推進協会 WSN協議会「WSN-IoT AWARD 2018」事務局あて。
 問い合わせ先はYRP研究開発推進協会WSN協議会事務局。電話090・7311・4337、電子メールwsn―event@yrp.co.jp

情報・通信一覧へ  トップページへ