情報・通信

富士通研究所、既存機器で光伝送を超大容量に拡大

2018104日】

 富士通研究所は、データセンター間をつなぐ光ネットワークにおいて、新たな送受信器を導入することなく、光ファイバーの伝送容量を拡大できる超大容量光波長多重システムを開発したと発表した。これにより、データセンター事業者は、既存の機器をそのまま活用して、光ファイバーの利用効率を高め、伝送容量を拡大することが可能になり、今後データ量の爆発的な増加が見込まれる5Gでつながる機器のログ情報や8K映像素材などの大容量非構造化データを、データセンター間で分散して収集・バックアップ・並列分析する上で課題となるネットワークのボトルネックを解消する。

 これまでデータセンター間の伝送容量を拡大するには、使用する光ファイバーの本数を増やすか、各バンド(波長帯域)に対応した送受信器がそれぞれ必要だった。今回、Cバンドの光信号をLバンドやSバンドなどの新しい波長帯域に一括変換し、受信時にはもとのCバンドに戻すように再度変換する世界初の広帯域波長変換技術を開発した。この技術を活用し、Cバンドの光信号をLバンド、Sバンドにそれぞれ変換後、Cバンドとともに多重化して送受信を行うシステムを開発したところ、3倍の伝送容量拡大の原理確認に成功した。
 具体的には、まず、Cバンドの光信号に、2つの励起光を加え、波長が混在した信号を生成。励起光によって屈折率が変化することにより別の波長を生じる非線形光学媒質に通すことで、光信号を新たな波長帯域に移動する。同様の原理により、伝送後の光信号を受信器側でCバンドに戻す。
 開発技術では、2つの励起光の波長を、それぞれの非線形光学媒質が持つ波長分散の特性に基づいて制御することで、光信号を任意の波長帯域に変換することが可能となった。また、2つの励起光に対する制御を同期することで、波長変換後の光信号に重畳するノイズを低減できるため、高効率の波長変換と光信号の品質確保の両立が可能となる。
 この技術を活用し、Cバンドの光信号をLバンド、Sバンドにそれぞれ変換後、Cバンドとともに多重化して送受信を行うシステムを試作し、新しい波長帯域の送受信器を使用することなく3倍の波長帯域拡大の原理確認に成功した。この技術を用いることにより、さらに異なる帯域を用いた伝送が可能となり、必要に応じて伝送容量を2倍~10倍へと拡大することが可能となる。これにより、データセンターに設置されている送受信器だけでなく今後開発される最新のCバンド用の送受信器を、即座にCバンド以外の新しい波長帯域で活用することができるようになる。
 富士通研究所は、2019年度にこの技術を光伝送システム「FUJITSU Network 1FINITY(ワンフィニティ)」の新ラインアップに適用することを目指す。

情報・通信一覧へ  トップページへ