情報・通信

スポーツビジネスジャパン2019 11月19日・20日にさいたまで開催

2019104日】

 「スポーツビジネス促進」と「スポーツを通じた地域活性化」のための専門展&コンファレンス「スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019」が11月19日・20日にさいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区新都心8)で開催される。主催は日本スポーツ産業学会、コングレ、スペースメディアジャパン。パートナーは「Brintex Ltd. ―part of Hemming Group」 (英国)。特別協力はコトブキシーティング。特別後援は(一社)日本トップリーグ連携機構。後援は(公財)日本サッカー協会、(一社)バスケットボール女子日本リーグ、(一社)日本バレーボールリーグ機構、(一社)日本eスポーツ連合ほか。
 出展者数は100社・団体(予定)。来場者数は5000名を見込んでいる。
 出展説明会と会場視察会は、9月19日にさいたまスーパーアリーナ「TOIRO」で行われた。武内紀子コングレ社長が開会挨拶を行った。中村好男日本スポーツ産業学会理事・運営委員長が主催者挨拶した。続いて、全体の概要およびコンファレンスについて、SDGsの取り組みについて説明があった。
 「スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019」の開催趣旨は次の3点。
 ①『最先端 スタジアム・アリーナ改革の今を体感する場』=全国各地で進むスタジアム・アリーナ新設・改修構想を背景に、稼げるスタジアム・アリーナを目指し、最新技術と製品・システム・サービスを一堂に会して体験できる場を提供。スポーツ産業のさらなる成長を目指す。
 ②『地方創生 スポーツを核にしたまちづくり』=スポーツを核にした地域活性化により人口流出、空洞化といった地方が抱える課題解決のための最新事例、動向を社会にアピールし地域貢献を促す。
 ③融合&革新=ICTとスポーツ界が融合する事で生まれ変わる観戦エクスペリエンスやニュービジネスにより新たなスポーツ産業の確立を目指す。
 イベントの特徴は次の通り。▽最先端の技術・サービスを提供する企業・団体が多数出展=スポーツ市場の規模拡大に向けて、真に稼げるビジネスへの変革と新たな機会創出を目指し、スポーツビジネス全般に関する最先端の技術とサービスを展示する▽スポーツビジネスの最前線のトピックをテーマにした27のコンファレンス=スポーツ界の有識者で構成される企画委員会が、スポーツ関係者必聴のテーマと注目の講演者を選定し、更に充実したコンファレンスを届ける▽スポーツビジネスジャパン参加者限定 スタジアム・アリーナ視察ツアー=先進的なスタジアム・アリーナの裏側を見られるスポーツビジネスジャパン参加者限定のスポーツ施設視察ツアー。今回はさいたまスーパーアリーナと埼玉スタジアム2002の視察を行う▽多彩なネットワーキング機会がビジネスチャンスを拡大=出展者、講演者、来場者を対象としたネットワーキングレセプションを開催。国内外のスポーツ関係者が一堂に会するレセプションは、より広範なネットワークの構築に活用できる。
 そして『スポーツ×SDGs』を掲げて、スポーツの力でSDGsへの取り組みを加速させる。サステナブルMICEガイドラインを参考に、可能な限り環境負荷を低減させる取り組みを推進する。また、各出展者の17のゴールへ向けた取り組みを、ブースでのアイコンの掲示により統一的に訴求する。
 注力する企画では、パナソニックの全面的技術提供の協力で顔認証登録システムを導入する。コンファレンス聴講者には、顔認証登録を必須とすることで、スムーズかつスマートな入場管理を実現する。展示会のみの参加者にも、任意に登録してもらうことで、再入場がスムーズに行える。
 出展について及び来場登録など詳細は専用ホームページで確認。http://www.sportsbusiness.jp/

情報・通信一覧へ  トップページへ